810.台風4号大暴れ、二胡母の実家地方は休校に。台北はおおむね晴れの火曜日。休日の今日、極力のどを休めるぞ。昨日<日本語初級>クラスに初参加した可愛い生徒とは。

 とても心配だった昨日の3コマの授業だが、授業の間、間には極力しゃべらず、身体を休めて、声を温存したまま8時に授業を終えることができた。本当に使命を果たせて爽快だった。
 今日火曜日は講師業公休日。台北は時折雨が落ちたり、また晴れたりと不安定な天気だ。今朝、日本の母がある用事で電話をかけて来たが、二胡母の実家地方は台風4号の猛威をもろに受け、学校は休校になっていると言う。大変だ。被害なく、通り過ぎてくれるといいが。

 昨日までは風邪薬を飲んでいたが、今日は見合わせている。体調は上々、ただ、今日は極力しゃべらない、無理に動かないことにしている。今夜は娘たちがそろって泊まりに来る日、夕方までは寡黙でいられるだろう。
 
 ところで、昨日午後からの<日本語初級>クラスに、可愛い生徒が初出席した。
「今、お昼ご飯を買いに行ってますが、小学生みたいです。でも、変ですねぇ、まだ夏休みでもないのに…」
と常連の生徒さんが言う。
 しばらくして、近所にある餃子屋で2種類のそれを買って来たのは、太り気味でやんちゃ坊主と思しき男の子。二胡母にもっとも近い席を陣とっている。なんで小学生が今の時間に来られるの?との問いに、
「もう、卒業式終わったから。」
と日本語でスラスラ答える。そうか、小6だったのだ。
 聞くと、母親は早稲田大卒の台湾人、父親は日本人。でも、彼の3歳の時に離婚した。父親とはそれ以来一度も会ってないし、記憶もなくて会いたくはない。母親はレストランを経営しているという。
 屈託ない、可愛い腕白坊主だが、約10年、台湾で育ちながら、よくこれだけ日本語力をキープしてきたな、と感心してしまった。明日の授業でも会いたいな。
 
posted by 二胡母 at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語講師生活あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


809.台風5号発生も、18日、昨日に続き台北は晴れ。二胡母、どうやらまたアレルギー性気管支炎のよう。声が命の教師ゆえ、冷や冷やしながら過ごす。台湾の徴兵制度、今は11ヶ月と短くなった。いずれは廃止に。

 ゆうべは次女のメイが二胡母宅に泊まりに来た。
 土曜日の夜からかすれてきた二胡母の声は昨日さらに悪化し、2時間の授業がつらかった。これは、どうも一ヶ月ほど前に患ったアレルギー性気管支炎の症状と似ている。これの一段階上がぜん息、というやつだ。ほとんど風邪の症状は出ず、声、のど、胸の辺りに病巣が集まる感じである。
 ゆうべも早く寝たかったが、パパと昼寝をしたというメイはなかなかパワーを使い果たさず、9時半頃、たまらず消灯した。
 今朝のメイの弁によると、ママはすぐ寝たけど、メイは一人で長いこと起きていたようだ。つまらなかっただろうが、彼女も翌日学校があるし、二胡母も3コマ授業のある月曜日を思うと焦っていた。教師にとって声は命。体はピンピンしていても、声が出なければ手も脚も出ない。

 18日(月)、台北時間正午45分過ぎ。
 今のところ晴れている。蒸し暑い。台風5号も発生して、今週も不安定な天気らしい。二胡母の声は、昨日よりはいい。いつもとは声色が変わっているが、コツをつかめば、体力の消耗を少なくした発声ができるのもわかった。

 高校、大学の卒業式がほぼ終了した台湾。おととい大学を卒業した男子学生に就職はどうするのか、と尋ねたら、
「その前に当兵に行きます。」
と答えた。“当兵”とは徴兵制度によりお勤めに行くことだ。現在は11ヶ月と短くなったが、台湾では今でも徴兵制度があるのだ。
 それも、あと何年後かに廃止されると聞いたけど。
 
posted by 二胡母 at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾とっておきイキイキ雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。