718.17日、台北初夏の暑さ。一人っ子の二胡母に“弟”が。人工透析を受ける母親との二人暮し。自分の境遇を見て、恋人を手放す強さ。幸せになるんだよ、宏鳴。

 一人っ子の二胡母に最近“弟”ができた。
 彼は1988年生まれの23歳。二胡母が姉、彼が弟、になることは、協議の上、成立した。

 この宏鳴くん(本名)、二胡母行きつけの例のカフェで働いている。身長は170cmを少し超えてるかな、というくらいで痩せても太ってもいない。いつもCAP型の帽子をかぶり、お店に流れているラジオでかかる曲に合わせてよく歌っている。
 あ、二胡母の引越し手伝いを申し出てくれた一人が彼である。

 明るく、お茶目な彼だが、これまでにわかった彼のプライベートな部分は、私を意外な気持ちにさせた。
 お父さんはすでに他界。何人かきょうだいはいるが、みんな家を出て働いている。お母さんはというと、人工透析を受けていて(中国語で「洗腎」)普通の生活ができない。
 それで彼は、正午前後にお弁当を買って、家で休んでいるお母さんに渡しに一旦帰宅する。そして夕飯は彼が作ると言う。他のきょうだいは“我、関せず”だという。

 別にそれを恨んでいる様子はない。彼の生来の人柄が自然にそうさせているみたいだ。
 彼女はいるのかと尋ねたら、「何も与えてやることができないので、つい最近別れた」らしい。彼女はいいとこのお金持ちのお嬢さんだった。
「それで、僕の友人に彼女の話をいろいろして、ま、紹介して、あの2人ならもうすぐつき合うことになるだろう。」
とまじめな顔で答えた。

 できるようでできないことだと思った。こんな人もいるんだ、と。

 台湾では宏鳴に世話になるばかりかもしれないが、この弟、大切にしようと思っている。
posted by 二胡母 at 16:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾の親しき人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


509.ゆうべ急遽決まった旧友“李姉さん”宅訪問。二胡母“台湾の実家”はランもメイも愛する温かな場所。建国南路、伝統の花市のすぐそば。帰宅後、まもなく日本語を教えに出勤。

 こんばんは。
 現在、台湾時間午後10:02。あれ?今日は二胡母、ブログ更新しないの?と思いつつ就寝された方がいるかもしれない。日本だともう11時を過ぎているわけだもの。

 今日20日(土)は、ゆうべ急に台北の知人から「明日遊びに来ない?」という電話を受けて、今朝から娘たちを連れて、遊びに行かせてもらっていた。
 この知人とは、知り合ってちょうど10年になる台湾人で、二胡母が台北で最も早く“ここの医師の腕はホンモノ”だと確信した皮膚科で看護師をしていた50過ぎの女性である。約2年前、乳癌と判明し、療養のために皮膚科医院を退職したが、今では二胡母と娘たち、そして彼女一家全員とのホットな関係ができ、つき合っている。
 “李姉さん”と慕う元看護師さんとご主人は、
「台湾の実家だと思ってなさい。ランちゃんもメイちゃんもわが孫みたいに可愛いし。」
と言ってくれる、実にありがたく、温かい家族だ。28歳になる娘さんがいて、ランとメイは“お姉ちゃん”と呼び、子守り上手な彼女に会うのをとても楽しみにしている。

 その娘さんも看護師で、今月はずっと夜勤のハードワークだが、めずらしく2日間の連休が出たし、平日は会社の寮に住むご主人も週末で帰って来ているので、急遽お招きを受けた。
 ふだんお互い忙しく、なかなか会えないので、約40分間バスに揺られながらも3人ウキウキして会いに行った。

 台北市の建国南路という、とても景観も環境も良いところに李姉さんたちは暮らしている。週末には、歴史ある花市が立つ。今回もそれを見に行った。

 昨日よりいくらか涼しい午後3:40頃帰宅し、二胡母、すぐ逆方向のバスに乗り、日本語中級を教えに行った。8時に終わり、やっとパソコンを開けたというわけだ。

 おやすみなさい。

 また明日。
posted by 二胡母 at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾の親しき人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


444.日本語講師業休みの今日14日、二胡母、午前中どっぷり義母の新宅で、義母と義妹の形だけの助っ人になる。慢性の腰痛を恐れつつの作業でも、気持ちは伝わるだろう。今夜は夕食に招かれる。

 時々、パパにバイクで小学校まで送ってもらうようになったランだが、今日は二胡母が行った。日本語講師に出かけなくてよい火曜日は、7歳の児童には重過ぎるリュック(ランドセル代わり)を背負ったまま、1年生の21クラスが入る校舎まで一緒に歩いて、そのまま正門を抜けて二胡母は朝市に行くことが多い。
 今日は豚肉や野菜、豆腐、ショウガ、麺などを買い込んで、8:15頃やっと帰宅。
 そして、まだ用意ができていない妹メイを待って、義母の新宅へ行く用意を整えて8:30ちょっとすぎ、永花幼稚園へ送った。

 貧弱な体型で、実に力が弱く、慢性の腰痛持ちの二胡母が、たいして役に立つとは思わなかったがただそこにいるだけでも、何かの助手をするだけでも、責任が少しは果たせる、気持ちは伝わるだろうと、昨日から計画していた。

 義妹は骨太だがまったく肥満ではない、長身で見栄えのするプロポーション。さすがに力もあってよい働きをする。性格的にも頼りになる存在だ。二胡母は彼女と話をしたいのもあった。なにせ、彼女は義母の3人の子供の中で、最も早く結婚した末っ子息子の奥さんで、孫家のことをよく理解していたし、女同士、わかり合える点も多かった。

 腰をかばうし、義妹には持てて、二胡母には無理な物もあり、案の定恥ずかしいほど役立たずだったが、義母、義妹だけと過ごせる貴重な2時間だった。
 今夜はちょうど二胡母は出勤しないし、夕飯は4人揃って食べに来て、と言ってもらった。ありがたいことだ。

 今日も午後、夕立が来そうな台北である。相変わらず猛暑だ。
 二胡母はこれから二胡を練習し、夫が午睡する頃、いつもは午前中にするカフェでの予習に出かける予定である。
posted by 二胡母 at 13:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾の親しき人々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。