438.今日8日(水)で3日目、台北の猛暑、35〜36度。二胡母宅も蒸し風呂のよう。8月ではなく7月に日本一時帰国する理由。着々準備進む。

 現在、マンション11階の二胡母宅では32度ある。
 昨日の台北の最高気温は36.2度で、おとといより1度上がり、今日8日(水)もその勢いがある。もう暑くて暑くて、正常な生活を乱される感さえある。
 いくら二胡母が寒がりとはいえ、暑いものは暑い。ゆうべはこの夏初めてノースリーヴのパジャマで出た。なのに、朝目覚めると、首周りにねとっと汗をかいていた。

 少し前まで、9時から9時半には就寝し、早朝4時には元気に起きてゴソゴソやっていた二胡母だが、夜の日本語の授業が増えたことや、体調がこのところまたイマイチなせいか、最近は朝もつらい。体重そのものは変化していないのに、むしろ少し増えたくらいなのに、
「最近また痩せたね。」
と言われることが多い。やつれたのだろうか…… イヤだイヤだ。何とかしなくては。

 台湾は新年度が9月スタートなので、メイの私立幼稚園は7月末日で卒園となる。8月が夏休みになり9月に1年生、ということだが、どうやら彼女、昨日担任の先生に、7月に日本へ一時帰国すると話したらしい。
 すると先生は、
「8月に休みになるから、その時帰りなさい。」
と言われたという。
 たしかにそうだ。それも考えたが、あえて7月にしたのは、日本の学校が夏休みに入るのは7月20日過ぎくらいだと思う。そして、二胡母の田舎の母校では、休み中もプールが開放される。
 
 2週間くらいだけにしても、ランとメイを同級生たちと同じ教室で勉強させてやりたい。年子なので1年生2年生互いに互いをよく知ってもいる。幼稚園時代も一緒だったのだから。
 よって、やはり7月帰国は重要だ。すでに校長先生と2人の担任の先生にも予定を知らせ、給食も申し込んでもらった。ただ、低下した彼女らの日本語がみなさんの足を引っ張らないように、とあれこれ対策を練る二胡母である。
posted by 二胡母 at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二つの祖国を持って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


369.3月30日台北快晴、強風、21度。今年度が明日で終わる日本、公立学校教諭異動の新聞紙上発表気にかかる。ランの公立小学校、夏休みは7月1日から。今日、旅行代理店へ行き、次回一時帰国準備スタート。

 台北、昨日今日と快晴である。湿度計が50%をさしているのには驚いた。めったにない低湿、もちろん洗濯物はパリッと乾いて気持ちがいい。
 朝は冬のいでたちだが、両日とも日中は21〜22度。でも、今日は強風で、晴れているのにぽかぽか陽気とは行かない。

 さて、3月30日。日本は明日で今年度が終わる。少くとも、二胡母の郷里の方では毎年3月31日に公立学校教諭や、公的機関の職員の異動が新聞紙上で発表される。それを台湾にいる二胡母もドキドキと待っているところだ。日本にいれば、ランは4月から小学2年生、メイはピカピカの1年生になる。よって、現在地元の小学校におられる先生で転勤される方はいるのか、どなたなのか、とても気になる。
 今年ランの担任をいていただいた西田先生は、もう6〜7年異動がなく、そろそろよその学校に“取られてしまう”恐れが高いと聞いているので、心中穏やかでない。
 そして、二胡母の小学校時代に若き現役教師だった校長先生が定年退職されるので、本当に、何ともやるせない時間を送っている。
 
 ゆうべのことだ。たしか先日、ランが学校から1年生後半のおおまかな予定表みたいなものを持ち帰り、パパと話していたのを思い出した。
「ラン、何月何日から夏休みが始まるか、書いてあったっけ?」
と訊いてみた。
 暑さ厳しい台湾、夏休みはだいたい6月末あたりからはじまり、約丸々2ヶ月ある。なら、まもなく4月、逆算すれば、台湾の夏休みまでちょうどあと3ヶ月ほどになる。
 「えーっと…… 夏休みは7月1日金曜日からやって!」
 よし、決まった。

 この自宅マンションの隣りに大型スーパー、カルフールがあり、その階上に前回帰国した時に航空券を手配してもらった旅行代理店がある。今日、ランのピアノレッスンの前に、そこへ行ってみようと考えている。パスポートも持参し、うまく行けば今日仮予約成立となるだろう。
 どの国もだが、夏休みは旅行人口が増える。早めに行動してまちがいはない。できれば7月1日、夏休み初日に日本に帰りたい。そして、日本の夏休みまで、ランとメイに地元の小学校に通わせてやりたい。
posted by 二胡母 at 14:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二つの祖国を持って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


360:11日(金)、台北昨日と似たような肌寒い雨天。ランとメイの日本の学校と幼稚園に送ってきた『たいわんだより』、メイののみ急いで本日発送。3月は桜色の特別号、「そつえん おめでとう!」と同級生たちに。

 3月も中旬に入った。早い。
 今日も台北は昨日と似たような肌寒さで冬装束必須。だが、雨足は少し弱くなった。

 去年4月、1年半の母娘3人の日本生活を終え、台北の自宅に戻って以来、ランが日本で行くべき小学校と、メイの年長組に、ほぼ毎月それぞれ写真付き『たいわんだより』を送り、娘たちが日本の担任の先生や同級生たちと繋がっていられるよう努めてきた。
 そして二胡母、先日文房具店へ行き、3月号用の画用紙を選んで来た。3月と言うと桜間近な華やいだ印象が強いため、二胡母、自然とピンクの紙を買い求めた。

 ランの小学校は今月24日が終業式と、ママ友にメールで教えてもらっており、のんびりしていたがよく考えると、幼稚園はもっと早く卒園式を行うのではなかったかと気がついたのである。去年、ランもそうであった。
 台北から関西地方への郵送は約5日かかる。これは大変だ、と昨日急に急いでメイの『たいわんだより』作りに入った。

 今月は特別号だ。通常4枚貼る写真を2枚にした。メイに大きな字で、画用紙の半分を使い、
「そつえん おめでとう! また、しょうがっこうであおうね!」
と書かせたかったのだ。

 メイは幼いながら、日本の同級生はもうすぐ1年生、でも自分は8月まで幼稚園、ということを理解している。それを残念がるのでもなく、不思議がるのでもなく、微笑みながら話す。とにかく、今度日本へ帰ったら、お姉ちゃんと同じ真っ赤のランドセルを背負って、恋しいお友達と小学校で勉強するのを楽しみにしている。

 今日、日本語初級クラスを終え、帰った後、無事、メイのお祝いたいわんだよりを郵便局から発送した。卒園式の数日前には届くだろう。
posted by 二胡母 at 15:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二つの祖国を持って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。