801.台北、9日土曜日も真夏の日差し。『ランのたいわんだより』を送って2週間、新任でランの担任、梅木先生から初メール来る。ランの書く台湾の繁体字(漢字)に、同級生たちは興味津々だとか。

 娘たちの恒例『たいわんだより』を、日本にいれば通うはずの小学校へ今年度初めて送って2週間ほど。
 今年2月以来、日本へは帰っていないので、ラン(3年生)とメイ(2年生)の担任の先生にはまだお目にかかっていないが、メイの先生は赴任して来られて3年目なので存じ上げている。
 今日メールチェックすると、大学卒業したての新任というランの担任梅木先生から初メールが届いていた。
クラスメイトたちは「ランちゃんに会いたいな〜!」と喜んでいました、とのこと、ホッとする。

 若い男の先生ということで、梅木先生は子供たちにとても人気があると耳にしていたが、二胡母あれこれ、まだ見ぬ先生を想像してみているところだ。
 二胡母は、梅木先生の年齢をとうに過ぎた者だが、今、日本語を教えている中に、大学生や卒業ホヤホヤの男子生徒は結構いるので、彼らのようなお年頃なのか、と思い浮かべやすい。しかし、彼らと同じなら、実に若い。本当に若い。下手すると(?)息子のように感じるお母さんもいるかもしれない。

 梅木先生、きっと大志を抱いて教師になられたのだろう。二胡母も教師の端くれとして、先生の心の中をのぞいて見られるようでもある。
 二胡母は日本の教員免許を持っていないので、教師をする場所は異なるが、このナリワイに誇りと情熱を持つ者として、対面を楽しみにしている。

 
posted by 二胡母 at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二つの祖国を持って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/274205184
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。