795.誰でもゆっくりしたい土曜の夜、二胡母の日本語上級クラスに出席してくれる生徒さんたちには感謝の気持ちいっぱい。昨日2日のテーマは『桃太郎伝説をもう一度』。台湾でも有名な『桃太郎』の童話と童謡。興味深い真実。

 土曜日の夜6:00〜8:00と言えば、何かと予定が入る時間だろうが、二胡母の担任する〔日本語上級クラス〕に、ゆうべは7名の生徒さんが集まった。小さめの教室なので、7名だと結構にぎやかになる。誰でも一服したくなるひとときに、授業に足を運んでくれる生徒さんに感謝でいっぱいになる。2時間一生懸命授業をやり生徒さんとのやりとりが楽しかったり、二胡母の手振り身振りをまじえた必死の説明に、生徒さんがニンマリして頷いてくれたり、休憩中に世間話に花が咲いたりすると、とても充実した貴重な時間になる。これだから講師はやめられない。手ごたえ、やりがいに満ちた仕事なのだ。

 さて、ゆうべのテーマは『桃太郎伝説をもう一度』であった。童話『桃太郎』の誕生話をかなり詳しく考察してあり、面白かった。
 日本統治時代が長かった台湾。ゆうべの生徒さんたちもそうだが、この日本の童話は台湾でもよく知られており、あの桃太郎の童謡も日本語で歌えるほどだ。
 初めて知ったが、桃太郎伝説は実は日本の7〜8ヶ所で残っているが、すべての内容について根拠がそろっているのは香川県のものだけだということだ。主人公桃太郎のモデルは稚武彦命(わかたけひこのみこと)という人物で、家来だった雉、犬、猿もちゃんと実在の人物がわかっている。そして、悪さをする鬼は海賊だった。その海賊が暮らしていた洞窟は、高松港から船に乗り、観光名所でもある女木島(めぎじま)へ行けば見学できる。とても怪しげな雰囲気に満ちているとか。
 香川県高松市のこの地域はそれ以後海賊がいなくなったというこという意味で<鬼無町(きなしちょう)>と呼ばれるようになったそうだ。
 
posted by 二胡母 at 15:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本語講師生活あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/273283564
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。