789.昨日27日は日が佳かったらしい。台湾はあちこちで披露宴が行われた。離婚率が高く、独身主義者が増える昨今にあっても、この制度はまだ健在。台北を見渡したカップル事情。

 台湾の離婚率の高さはアジアの中でもトップクラスだ。
 それに婚約から挙式、披露宴までにやることが慣習となっている項目を数えたら、絶対日本より多いはずだ。本人たちは、ある程度基本を押さえたらいいだろう、と考えていたとしても、親や親戚がよしと言わない可能性も大いにある。
 その面倒くさい慣習や、自由でいたい志向の現代の若者の増加で、結婚離れは進んでいると言える。が、昨日27日(日)は日が佳かったようで、二胡母の日本語クラスの常連生徒のうち、なんと半数が披露宴出席のため早退または欠席した。驚いた。

 11年台北に住んで、上記のような社会背景を知りながら眺める台湾の首都の様子は、二胡母の頭をいささか混乱させる。
 まず、毎日のように利用するバスの中で当たり前のように目にするのは、中高校生カップルの“いちゃつき”だ。女子が男子の肩や膝に頭を置いて目を閉じていたり、顔を引っ付けるように話していたり、立っていたら、男子が女子の腰に手を回したり………
 成人した人は、特に女性の方が「私はこのカレと結婚したいの〜!」ビームを発しながら、いかにも楽しそうに歩いている。<不婚族>と言われる独身主義者にも会うが、昨日実感したように、離婚率の高さなど私たちには別世界のコト、と続々と夫婦の契りを結ぶ人たちは少なくない。そうだなぁ、誰だって不幸になろうと結婚したりしないもの。別れを前提として一緒になったりしないもの。

 しかし、結婚はおそらくこの世でもっとも勝率を予測しにくい賭けである。本当に同じ屋根の下である程度の時間、暮らしてみなければわからない。その幸福度、または不幸度は、周囲がいくら想像してもわからないものだ。

 とにもかくにも、昨日結ばれたカップルの末永き幸せを祈る。

 
 
posted by 二胡母 at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾とっておきイキイキ雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。