778.16日(水)、日本の真夏並みに暑くなった台北で午前中から思わぬ雨。少し涼しくなる。二胡母宅に泊まりに来た娘たち、「メイのパンツがない!」騒動………。そして、二胡母、生まれて初めて弁護士に会うことになる。

 このところ台北は日本の真夏の気温に近い暑さである。まぁ、これが普通で、例年通りの5月なのだが、日本の実家(一軒屋)と違い、アパートやマンション暮らしが当然の南国の首都では、暑さが身体に応える。もうそれだけで体力を消耗する。すぐシミができてしまう二胡母は、そんなうだるような猛暑の日でも日焼け止めとファンデーションは欠かせないので、その効果を維持する手間もかかる。日本のような“新緑の季節”がないまま通り過ぎるような台北のつらいところだ。

 しかし、今日16日(水)は思いもよらず11時頃から雨空に変わった。気温も少し低い。朝は晴れていたので、突然の変化に傘もなく、軒下で困っている人も多かった。
 二胡母はそんな中、まず永和校で日本語中級を教え、バスで台北中央駅前校に移動した。いつも日傘を持っているので、雨はしのげた。

 昨日、台湾大学病院へ顎関節症の治療へ行ったと書いたが、その後も忙しかった。夜には娘たちが2人で泊まりに来た。彼女たちの衣類の管理は、姉のランがやっているらしいが、あろうことか、メイのパンツを忘れてきたことがシャワーの後に判明。
 結局、二胡母の新品をランに貸し、ランのをメイが履くことでおさまった。メイには案の定、大きすぎて、放っておくと足首までずってしまう。が、ランはかなりいい体格をしているため、おヘソまでしっかり隠すタイプ、という感じで、生意気にも履けてしまう。

 娘たちのおかげで、にぎやかで、よって疲れる、楽しい夜になった。
 が、二胡母は日本でも台湾でも初めて弁護士に会うことを昨日決めた。約束の日は明日。
posted by 二胡母 at 14:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾生活あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。