620.9日(金)台北雨激しく、気温は13〜15度の寒さ。南国でもエスキモーになれるような防寒グッズはたっぷり。娘たちが日本で通うべく小学校の先生方に、一時帰国時の通学をお願いする。

 今日は12月9日金曜日、台北は朝7時のニュースで13度という低温、最高気温も15度止まりで骨身にしみる寒さである。おまけに雨もひどい。昨日より雨足が強く、娘たちに長靴を履かせ、登校した。暑がりなランもやっと秋冬用の制服の上着を着るのに、すんなり首を縦に振った。これまでいくら勧めても半袖の夏用のしか着たがらなかったのである。
 
 台北にすれば、かなり冷え込んだ今日のような日が、あと2日間は続くと言われている。まぁ、この南国でも、エスキモーみたいなジャンバーにブーツ、手袋、マフラー、日本から輸入されたホッカイロなどの商品、起毛の温かな下着などはちゃんと売られているので、風邪さえひかないよう気をつけて着込めば、だんだん身体も慣れて来るだろう。

 娘たちが金曜日、無事小学校から帰って来るとホッとする。二胡母の休日は火・木曜日だが、やはり朝間に合うようにしっかり彼女たちを起こし、食べさせ、急かし、7:30には家を出ねばならない慌しさはかなりプレッシャーになっていると思うからだ。

 “1ヶ月休日ナシ”の後、3週間ほどまったく代講がなく、ゲンキンなもので何となく寂しい気がしていた今日この頃だったが、今朝、日本語初級クラスに行った新店校で、本社の日本主任からのFAXが届いており。4コマの代講を請う内容であった。正直言ってうれしかった。人間「必要とされている実感」に弱いものだと思う。
 4コマのうち、一つは行ったことがなく、バスを乗り継がねばならず、その上夜9時までの授業ゆえに断わったが、3コマは「OK」と書いて、サインをした。年末から日本のお正月にかけて一時帰国する先生がいるのかもしれない。

 台湾の今回の冬休みはだいたい1月18日から2月8日で、もう既にJALの関空便を予約した二胡母は、つい先日、娘たちが日本で通うはずの小学校の校長先生と担任の先生に手紙やメールで、一時帰国する間、今年の7月のように同級生たちと一緒に授業を受けさせてください、と丁重にお願いした。給食も1ヶ月以上前に申請しておかないと作ってもらえない。
 校長先生の返信には、「今朝の職員会で、全先生方に伝えたところ、皆賛成であったので、元気に帰って来てください。たくさんの友達も楽しみにしていると思います。」と書いてあった。ありがたい。

 そうそう、二胡母も勤務先に原則として、休む1ヶ月以上前に休暇届を出すよう決められているので、来週にでもしよう。

 台湾に来てから、お正月が2度ある二胡母一家である。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/239550630
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。