595.義母は実家のある台湾苗栗縣へ。娘たちのリクエストに答えて、今日14日のランチはカレーライス。旧正月前に、夫リーとそのきょうだい一家、2泊3日の国内旅行を計画中。二胡母は仕事で不参加に。

 義母が11日(金)からしばらく実家のある台湾苗栗縣へ帰っているため、週末の食事はすべてわが家でまかなった。夫リーは料理ができるので、やる気にさえなってくれれば、こちらは助かる。
 そして、いつもなら、日曜日、日本語講師の仕事を終えた後、二胡母も義母宅へ寄り、夕食を食べさせてもらっているのだが、昨日はその分の時間が浮き、今日14日(月)の昼食を用意することができた。いつもなら月曜日午前中は、一番遠い新店校に出勤する二胡母に代わり、リーが娘たちを正午に迎えに行き、外食するのが常だが、ちょうど最近、
「ママ、カレーが食べたい!」
とうるさい娘たちのリクエストに答えて、3種類のルゥを使ったハンバーグ・カレーを用意してやった。

 しかし、リーはカレーが好きではない。結構そういう台湾人は多い。日本とはやはり食習慣がちがうのだと思っている。
 よって、二胡母がカレーを作る日は、彼に別メニューをこしらえたり、彼が自炊したりと何らかの対策をとらねばならない。味覚の違いはなかなか厄介なもので、それが元でもめたことは数知れない。

 さて、昨日、板橋校から帰宅すると、父子3人はパソコンのSKYPEで上海の親戚とにぎやかに会話中であった。
 台湾より中国本土のほうが早く冬休み(いわゆる旧暦の正月休み)に入るらしく、今年は1月9日に彼らは台北に帰って来ることになっている。そして、年末、みんなで(リーの独身の実姉、実弟一家5人とわが家3人)2泊3日の旅行をしようという話で盛り上がっていた。
 だいたいそうなることは聞いていたが、かなり詳細な事までゆうべは詰めていたようだった。

 人数を考えると、レンタカーを借りる必要がある。二胡母は行かないとしても、10人ほどになる。
 二胡母は1月25日、すなわち日本の1月3日に日本へ一時帰国するため、勤務先に10日間ほど休暇を請わねばならない。よって、年末も休暇を願い出るのは気が引けるから、と以前リーに断わっていた。
 実際そうである。また、集団行動や人の多い騒がしい場にいるとドッと疲れる二胡母は、内心いい口実があってよかったと思っているのはいうまでもない。シンから打ち解けた仲間ならまだしも、義理の〜ばかりだ。気を遣って気を遣って、ではよけい参ってしまう。

 損な性格かもしれないが、別に残念だとか、困ったもんだとは感じないので、やっぱり同行しない方が心身ともに良いはずだ。
 でも、子供たちにはいい経験、思い出になるだろうから、うまく実行されてほしい。
posted by 二胡母 at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 上海の親戚たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/235170958
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。