233.台湾、12月に選挙。選挙活動規定無視もアリの大混戦で、毎日やかましい台北。二胡の陳老師、ふだんに輪をかけて超多忙中、今月23日のコンサートポスターも登場。いつか師匠と同じステージに!

 来月12月、台湾では選挙が行われる。
 ここ台北でも、日本で言う、村長、区長から知事レベルまで大規模なもので、行政改革に伴い、政治家として死活問題に追いやられる人もあり、規定の選挙運動期間など無視、10月から早くも選挙事務所開設、ビラ配りや電話攻撃、横断幕やポスター貼り付け、宣伝カー出動等々でやかましく、取り締まる方も今回は特別扱いで見て見ぬフリ。夜10時頃まで「どうか、よろしくお願い致しますっ!!」と二胡母11階の自宅まで響いて来る始末、ほんとに迷惑している。

 こんなのもある。娘たちと近所を歩いていると、この辺りの区長立候補者が徒歩で支持を訴え、廻っていて、握手を求めてきたり、名刺やハガキ大くらいの宣伝ビラを手渡したりする。娘たちは言うまでもないが、二胡母の国籍は日本のままなので台湾での選挙権はなく、彼らには申し訳ないのだが
そんなこちらの事情などツユ知らず、候補者名前入りボールペンの贈呈まである。すでに何本もたまった。投票日まであと1ヶ月は優にある。今でさえ混戦、大騒ぎなのに、今後がオソロシイ。

 今日4日も曇っていて、時折雨がパラパラ、気温21度ほどの台北である。沖縄の方が暖かいかもしれない。
 今日は私の二胡と、メイの絵のレッスン日だ。最近、二胡母の師匠・陳老師は、所属する二つの楽団の活動や弟子のレッスンに加え、中国から公演に来た京劇の伴奏の一員を3日間4ステージ務めたり、今月23日中国笛の同楽団員と2人だけのコンサートに向けての特訓があったりで、輪をかけた忙しさの渦中にある。髪を切りに行く時間もないと、先週こぼしていた。

 そんな多忙な中でも、二胡母のレッスン進度具合をちゃんと把握していて、切れ間なく新しい課題をコピーして来て教えてくれる。台湾を離れた間の独学でついた悪いクセを直したり、さらに安定した美しい音を出すために、主に練習曲を与えられている二胡母だ。陳老師の鋭い観察力と、すぐれた指導力で、本当に以前より楽に、気持ちよく二胡を弾けるようになってきた。ありがたい。

 天音音楽教室にも、11月23日の彼のコンサートポスターが貼ってある。
 いつの日か、私も陳老師の弟子として紹介され、2人のステージに立つことも夢のひとつだ。
posted by 二胡母 at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二胡母、二胡道を行く! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168251428
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。