105.レーザーの光で網膜の裂け目の周囲をふさぐ光凝固術。痛みで貧血。目自体が弱く、このトシで白内障現る。やっぱり安い、台湾の医療費。

 娘たちのことを夫リーに任せられたことで、私は気を楽にして引き続き眼科内を行ったり来たりして検査を受け、何度も目薬もさされた。
 網膜はく離については、だいたいのことは知っていた。私は子供の頃から目が悪く、視力だけでなく内部も疲れていると小学生時代に言われた弱視に近い目の持ち主で、網膜はく離などの病気にも要注意、実際、
私の年齢ではまだ早いはずの白内障も1年ほど前から進み始めている。

 網膜はく離には何種類か段階とタイプがあるが、私は花医師に網膜の端の方に小さな穴を発見された。裂け目と言ってもいい。網膜はく離は痛いとかかゆいなどの症状がなく、その裂け目が大きくなると、隣り合う硝子体のゲル状液体が網膜内に流れ込み、膜全体がはがれてしまう。
 私は幸い小さな裂け目の時に診察を受け、見つかったわけである。

 網膜はく離は網膜が剥がれ落ちてしまった後、手術をするが、回復できず失明に至ることもある。それを知っていた私は、まず、目が見えなくなったらランとメイの姿が見られなくなってしまう、と悲しくなってきた。
 そして、次に、二胡が弾けなくなる恐怖を感じた。

 レーザー手術は5分くらいで終わった。「レーザーが神経にぶつかった時は痛いですよ」と説明があったが、他の部分は平気なのに本当に一部後頭部に響く激痛が走り、思わず「痛い!」と言ってしまう。
 気分が悪くなり、しばらく休ませてもらい、また何度も眼球をチェックされ、6時半頃ようやく解放された。

 受付時に払った150元(約450円)にいくら上乗せが来るだろうと構えていると、薬局で20元追加と言われただけ、3時からあれだけ多くの器具、機器を使い、レーザー手術を受けても約600円で済んだのだ。経験からいうと、日本なら2万円はしたんじゃないかと思う。視野検査などちょこっとしただけで(3割負担者で)5000円もしたもの。

 そうそう、その治療法は「光凝固術」といい、レーザーで裂け目の周囲をふさぐものだ。
 しかし、これで100%網膜はく離を阻止できるわけではなく、私は一生、この危険にさらされるのだろう。

 個人差はあるが、私はいちだんと視力が低下したのを感じ、左目は白濁する感じがしたので病院へ行った。
 みなさんも目をおだいじに。

 さあ、今日日曜日も台北暑くなりそうだ。


posted by 二胡母 at 06:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | 網膜剥離(はくり)を患って | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、こんにちは。
台湾の医療に興味があり、お伺いいたします。
「レーザー手術を受けても約600円で済んだ」とのことですが、保険に加入なさっておられるのでしょうか。また、台湾は何割負担なのでしょうか。
よろしければ、ご教示よろしくお願いします。
Posted by shu.jp at 2010年10月10日 20:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。