35.永花幼稚園は100人以上の園児が集う。保護者が迎えに行くとマイクで呼び出し。登園初日の娘たちはこんな様子。早くも宿題が出る。

 長袖3枚着てちょうどの肌寒かった昨日午後4時20分頃、幼稚園へ娘たちを迎えに行った。3階建ての永花幼稚園、保護者が1階玄関に来ると、マイクを持った先生がその園児を呼び出す。たとえば、うちならこんな感じである。
「いちご組、ランちゃん、お母さんがお迎えに来ました。」
 大班、中班、小班、幼班、幼幼班と年齢別に分けられ、100人以上の子どもたちが集う、大きい幼稚園なのだ。
 名前を呼ばれると、先生の助けを借りつつ帰る用意をして、階段を下りて来る。

 ランは大班の中のいちご組、担任はPEGGY老師。
 メイは中班の中のペンギン組、担任はBELLA老師。
 発音が難しい中国語、園児たちに呼びやすいよう、保育士たちは英語名を使う。
 園のはからいだろう、娘たちの教室は2階で隣り合っていた。そして娘たちのいとこにあたる女の子がランと同級生で、その子とランは同じクラスになった。以前もそうだった。

 2人の担任によると、2人とも初日にしては、そして、中国語が話せないわりには明るく、楽しそうに過ごしたらしい。
 それどころかランはたくさん先生の手伝いをして、PEGGY老師はひどく彼女をほめた。クラスメイトも競ってランに話しかけたり、遊びたがったそうだ。

 メイも先生の助けを借りながら自己紹介をしたし、食事も早くできた。「たくさんお友達できた」とニコニコ。帰宅後、さっそく宿題をしていた。5歳児には読み書きを教え始めるのだ。
 ランはまずピアノの練習をして、『あたらしい しょしゃ』の漢字もやった。これから忙しくなるぞ。

 人見知りせず、日本の幼稚園をこよなく愛した娘たち。
 台北でもうまく園に溶け込むだろう。
posted by 二胡母 at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台北の幼稚園生活始まる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。