27.メイ、ホームシック?! 一親一言語家庭のわが家に。台湾は非常に親日的、外出時も日本語で。

 「台湾へ帰るの、いやだなあ……」と確かにメイは何度もつぶやいていた。様子がヘンになったのは日本を発った6日からなので、それと関係があるのではないかと思っていたが、問いただすと、案の定こう答えた。
「じーちゃんばーちゃんとこがいい。」
 …… 号泣するメイを抱きしめて、私ももらい泣きした。
 メイのホームシックと情緒不安定は、今日9日もまだ続いている。元気な時はランとはしゃいでいるが、あれよあれよと崩れ、シクシクするのは治っていない。

 さて、「一親一言語家庭」というのは、わが家の娘たちのように父親と母親が用いる言語が異なる家庭を指す。
 これは、たとえば、家庭では日本語だが、学校では英語で意思疎通や学習する環境と区別される。
 私は娘たちの日本語能力を衰えさせないよう、夫リーが基本的に日本語を解すこともあり、家庭内では日本語で通している。リーは私と娘たちには中国語で話す。私とリーの会話は中国語なのは以前と変わらない。

 外出時も私は彼女らには日本語だ。日本語で会話していると「あ、日本人なんだ」という目で見る人は多いが、気にしない。台湾はかつて日本の植民地だったが、大変親日的で、日本を「清潔で風光明媚な先進国」と見る人がほとんど。日本人であることを隠す必要な全くない。

 今日もまだ雨が降っている。肌寒さは消え、気温は最高が22度くらいで心地好い。
 このあと、ランとメイを連れて、入園させたい幼稚園へ行く予定だ。
 そこは、2007年9月〜2008年7月までランが通っていた私立の幼稚園だ。
posted by 二胡母 at 10:23 | Comment(0) | 二胡母と娘たち、台北に帰る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。