16.消極的と受容的バイリンガリズム。わが家は典型的な一親一言語主義家庭。

 2言語使用には言語能力の問題だけでなく、使う側の態度や心理も影響を与える。
 たとえば、こんな例があるという。
 父親が日本人で、母親がアメリカ人の幼稚園に通う子どもが、母親が使用する英語に英語で応えることを拒否して日本語で答える。これを「消極的バイリンガリズム」と呼ぶ。
 一方、聴いて理解できるが自分から話すことが出来ない状態を「受容的バイリンガリズム」という。

 どきっ、まさにランとメイはこれである。
 台湾または日本で長く暮らすと、彼女たちの中国語と日本語はいずれかが聴いてわかるが話せなくなるのだ。
 
 こうして分析されるとおもしろくなってきた。やはり学術的に研究されている分野なのだとあらためて感心すらする。

 さらにこう記してある。
 家庭の内と外で別の言語が使用されるのと、一親一言語主義のように家庭内で2言語が併用される環境にいるのとでも差が出てくる。
 わが家では、リーは中国語、私は日本語で娘たちと会話しているので、典型的な一親一言語主義に当てはまる。
posted by 二胡母 at 05:00 | Comment(0) | 「バイリンガル」を学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。