13.帰りのチケットを4月に予約変更。ラン、台北で9月入学、日本は4月入学、現実的な手続きと進路決定に母、動く。

 日本で仕事が見つからなかったからというより、やはりランとメイに中国語をマスターさせたいのと、今後1年くらいは入社まもない会社がうまく発展していくか否か見極めたい思いがリーを決断させていた。
 病床にある父や、この地に馴染んだ娘たちのこれからを考えると、断腸の思いだが、1年半台北でひとり待ってくれたリーに「NO」とは言えない。
 
 私はその日から就活をやめた。
 
 リーは去年の夏台北で私と娘たちに取ってくれた1年オープンの航空券の復路を3月20日にしていたが、春休みの行事や、ランが支給されるであろう小学1年生の教科書のことなどを考え、私は4月上旬に予約変更した。去年ランとメイが生まれて初めて見た桜をもう一度見上げて愛でたいとも思った。
 
 私は思いのほか「台湾帰国モード」に換わらない自分を持て余し、
帰りたくないと抗う本心と必死に闘いながらも、現実的な手続きを進めざるを得なかった。
 いつになるかわからない日本定住であるが、それをにらみつつ、就学年齢に達したランをどうするか、決めねばならない時期に来たのだった。
 台湾は9月始まりゆえ、4月台北に帰るとランは再度幼稚園年長組に入ることになるが、日本の小学校の入学式は刻々と近づいているのだ。 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143781819
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。