796.6月4日、雨の台北。姉妹の髪質、誕生から大きな差あり。落雷後、夫の管制下にあるメイの髪の毛、やっと肩のラインに。これで、見た目も軽く、ドライヤーも楽に。

 やっと小1のメイが髪を切った。おとといのことだ。
 姉のランは生まれてから数年、ほとんど髪が伸びず、ピンク色の服を着せていても男の子と間違えられるのが常だった。
 一方、メイは黒々とした髪をたっぷりたたえて誕生。あまりの差にびっくりしたものだった。
 姉妹の髪質もちがった。ランはやっと伸びても髪の量は少なめで、柔らかかったが、メイは硬いし多かった。だから、髪を伸ばすとバッと広がるし、まとまりにくくて苦心した。
 それで、二胡母はメイの髪の長さの頃合いを見て、おかしくなってきたらすぐ美容室へ連れて行った。

 ところが、そのたびに夫のカミナリが落ちた。彼は、特に次女メイのロングヘア姿が見たいらしかった。二胡母は何度もメイの髪質がロングに適さないことを説明したが聞き入れず、メイの髪が二胡母の決断によって切られることに我慢できなくなり、一年半ほど前〔メイの髪に触ること禁止令〕を言い渡したのだった。
 そのカミナリは強烈だったゆえ、二胡母はついにメイの髪に関与することから手を引いた。そして、夫の望むままにメイの髪は伸び、腰まで達していた。
 幸い、彼女の髪質は柔らかくなり、色も茶色がかってきて、ロングにしても自然に見えた。

 が、標準より背が低く、痩せているメイ。髪が重そうに見える。おまけに季節は夏に向かって暑くなってきた。ドライヤーするのもひと汗かいてしまう。早くパパの気持ちに変化が起きないかなぁ、と願っていたところのことで、本当にうれしい。

 メイの髪が夫の管制下にあることに変わりはないが、肩のラインで揺れるメイの髪にホッとしている二胡母である。
posted by 二胡母 at 17:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 年子姉妹の個性それぞれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。